司書にゃん
激oーコードがうまく撮れない!


驕uバーコードが撮影できないんだけど!(イライラ)」

F「ご主人様はへたくそにゃ。貸してみるにゃ」

F「まずはバーコードの上に貼ってある値札をはがすにゃ」

F「バーコードはどこか横に一行読めればいいから、あまり神経質になってきれいにしなくてもいいにゃ」

F「次に携帯電話のカメラのモードを確認するにゃ」

F「バーコード読み取りモードになってるかにゃ?」

驕uなってるよ」

F「マクロ(接写)モードになってるかにゃ?」

驕uそれってどこにあるの?」

F「携帯電話によって違うにゃ。大体はメニューから設定できたり、決定ボタンを半押しするとAFが働いたりするにゃ。でも、手動で設定するものもあるから説明書で確認にゃ」

驕uチューリップのマークだね」

F「次はカメラに2つ以上のバーコードが写ってるか確認にゃ」

驕u本には大体2つあるみたいだけど」

F「下の方は罠にゃ! Cコードといって本の分類に使われてるにゃ」

F「上の978からはじまるバーコードを撮影するにゃ」

驕uあ、撮れた!」

F「うまいにゃー。その感覚を忘れないうちにもっと練習するにゃ」

驕uよーし!」

F「今日はあと1000冊あるにゃ」

驕u……どこにあったの、その本」

F「にゃ!? こ、これはボクが司書さんから頼まれた仕事にゃ」

驕u(ぱしっ!)」

驕u……ん? 司書さん?」

F「にゃーにゃー、その辺はこっちで少し明かされるにゃ」→「パケット量が気になる





帥gップページ


携帯アクセス解析
line